サッカー 観戦 ユニフォーム コーディネート

ブラジル リーグ ユニフォーム日本代表ユニフォームの胸に付いている3本足のカラスは、1931年に制定されたJFA(日本サッカー協会)のシンボルマークです。 サッカー日本代表の公式ユニフォームのエンブレムとして採用されたのは1987年からで、内野台嶺(JFA理事)ら当時の協会役員らが発案して、日名子実三という方がデザインされたそうです。実はキリングループ自体が、「よろこびがつなぐ世界へ」というスローガンを掲げています。 どうして八咫烏がシンボルに選ばれたのかは、実際のところよく分からないらしいです。

ジュビロ ユニフォーム詳細については、当社のウェブサイトをご覧ください。